車 下取り 新車購入

新車購入の時の車下取り

自動車を買い替えする時、新車を購入する場合と中古車を購入する事があると思います。
それぞれに下取り制度がありますので、
この章では新車に買い替える事を前提に話しを進めていきたいと思います。

 

 

新車購入の時には国産車の場合、メーカーのディラーに、外車の場合は正規ディーラーに足を運ぶ事になります。
この時ちょっと気になるのが自分が今乗っている車とは違うメーカーの車を購入したいと考えている場合、
下取り査定に影響があるかどうかという事ではないでしょうか?

 

トヨタに乗っていて買い替えるのがホンダ車だと、ちょっと値引き交渉の時に不利になりそうな気がしませんか?
実は自動車の下取り価格というのには相場というものがあります。
その相場に沿って下取りを行うためメーカーが違っても、あまり下取り価格に差が生じるという事は無いのです。
もし相場について知りたければ中古車買取業者の比較サイトなどを参考にすれば、
年式と車種を入力する事で簡単な見積りを出す事が出来ますので、
それが大体の相場として理解して差し支えないでしょう。

 

 

しかし相場からどう上乗せしてくるかはディーラーや中古車買取業者での考え方が変わってきますし、
シェアの低いメーカーへの買い替えならディーラーも下取り価格をかなり頑張ってくれる事も考えられます。
この辺はユーザーがどれだけ交渉を有利に進められる駒を持っているかによりますので、
新車購入の際にもまずは今の愛車の相場を知る事が大切だと言えますね。

 

 

ただ一つはっきり言えることは、車は下取りよりも買取の方が高く売れる場合が圧倒的に多いこと。
そして下取りよりも買取の方が、平均して10万円以上高く車を売れるという結果が出ていること。

これも時と場合により逆になるときもあるので、必ず下取りと買取の見積もりを比較することが大事なんです。

 

 

 

>> 失敗しない車下取りのポイント <<