車 値引き 下取り

車購入時の値引きと下取りとは分けて考える

前章では車の買い替えを決めた時にはディーラーに行くより先に
中古車買取業者を比較した上でディーラーに赴いて交渉した方が良いと言う話しをしました。
これにはちゃんとした理由があります。

 

では、ここでディーラーに中古車を下取りに出すという伝統的な取引方法について考えてみましょう。
車を買い替える時、ディーラーに足を運び、実際に展示されている自動車の見た目だけでなく
内装や試乗などをして気に入った自動車があればその場で購入の交渉に入ります。

 

この時ディーラーは値引きも含めて様々な特典を出して
その場で交渉をまとめようとするのが通常です。

 

値引きの交渉時には現在使っている愛車の下取りも含めて来るでしょう。
こうした交渉のテーブルについた時にはディーラーの方が場数を踏んでいる分、購入者よりも手練手管です。
いつの間にかディーラーのペースに巻き込まれ、
何となく値引きに下取り価格がプラスされて販売価格から引かれて購入出来るのだからとても得した気分になり、
気がつくと購入の契約を結んでいたというケースも珍しくありません。

というよりも、これが日本の自動車市場の通例なのです。

 

 

しかし、前もって中古車買取業者から出してもらった見積りがあれば
値引交渉の時の下取りについて相手のペースに巻き込まれる事はありませんね。
実際に実物を見て査定をして、見積もりを出すまで最終的な購入交渉をペンディングにさせておく事が出来ます。

 

ディーラー側の思惑としては試乗したその日に契約を結ぶのが理想です。
ですからユーザーとして値引きと下取りとを別に考え、
もし下取り価格が買取業者の買取価格を下回るようなら下取りは別で契約するのが賢い買い方です。
しかし、この時ローンの金利まで含めたトータルの価格を考える事を忘れない様にしましょう。
もし、即決してローン金利を高く支払う事になるようなら一旦ペンディングにして中古車業者に買い取らせた後に
頭金としてその分を計上することで金利面でも有利になる場合があります。

 

 

 

 

>> 失敗しない車下取りのコツ <<