下取り 自動車メーカー

車下取りのコツ:新車購入の時メーカー違いは下取りに影響する?

新車購入の時メーカー違いは下取りに影響するのかどうかですが
気にした人もいらっしゃるのではないかと思います。

 

 

これまでトヨタの自動車に乗っていたのなら、
新車もトヨタにしておいた方が下取りが有利になると言う事なのですが、いかがでしょう?

 

 

実はこれはあまり影響は無いというのが一般的な傾向です。
下取りに出された中古車は程度によりますが、
廃車でもなければ(廃車を下取りに出すのは現実的には不可能ですが、、、)
中古車買取業者に販売するか、海外の中古車買取ブローカーに引き渡されます。

 

 

下取り,自動車メーカー

したがって、原則的にはそうした中古車市場の取引の相場価格で

見積もりが行われるというのが原則のため
車種や年式によって下取り価格に差が出る事はあっても
自動車メーカーが違うから不利になるという事はあまり無いと言って良いのです。

 

 

しかし、これも担当者によりけりという事がありますから、
やはり自分がこれまで乗ってきた愛車の買い取り価格の相場については
知っておいた方が無難でしょう。

 

 

またトヨタ、ホンダ、日産といういわゆる3強以外のディーラーの場合には、
下取り価格や値引き交渉の面でより消費者有利に見積もってくれる場合も無い訳ではありません。
ただしこれはタイミングと担当者次第という事を理解して下さい。

 

こうした事も全ては自分の愛車の買い取り価格の相場を
オーナーが把握していてはじめて交渉に活かせるものです。

 

 

下調べもないままではディーラーの言いなりになってしまう可能性が十分にありますので、
中古車買取業者比較サイトなどで自分の愛車の買い取り価格の相場は必ず調べる様にしておきましょう。

 

 

 

>> 自動車メーカーが違っても中古車の下取りが高くなる方法 <<