車下取り 業者の言いなりにならない

車下取りのコツ:業者の言いなりにならない

車を買い替える時にディーラーに行くと、気に入った車があればその場で購入交渉をする事になりますが、
日本の自動車市場の場合には値引き交渉をするのが慣習の様になっています。

 

車下取り,業者の言いなりにならない

 

 

その際、ディーラー側はこれまで乗っていた愛車を下取りに出せば
下取り価格分だけ安くなるという交渉をしてくるでしょう。

 

ユーザーにとっても値引きやサービスオプションを付けてくれた上に更に下取りに出せば、
下取り価格分だけ更に購入金額が下がるのでとてもありがたいサービスだと思いがちですが、
ディーラーの査定する下取り価格が本当に相場に沿った金額かどうかはその場では分かりませんね。

 

もしかしたら相場よりもかなり下取り価格を安く見積もっているかもしれません。
極端な話しをすれば、ディーラーはその場で売りたいがために
「本日ご契約いただければ通常の下取り査定よりも高額で見積もらせていただきます」と言った所で
その見積り価格が市場の相場程度なら別段ユーザーにとっては目玉サービスでも何でも無い訳です。

 

この様な交渉の場では買う気満々のユーザーの方が百戦錬磨のディーラーに比べると立場的には不利ですので、
あらかじめ自分の愛車の下取り価格の相場を調べておく事をお勧めします。

 

そうすればもし、値引き交渉の時に下取り価格の見積りを調べた相場よりも安く見積もってきたら、
調べた結果をもって交渉すればより有利に運べるでしょう。
決して業者の言いなりにならない事が賢い車下取りの為のコツと心得ましょう。
ただし理不尽なクレームの様な強引な交渉は却って心証を悪くする可能性があるのでご注意を。

 

 

 

>> 失敗しない車下取りのポイント <<