車 買い替え

自動車を買い替える時

最近のエコカーブームを受けて買い替えようと考えているオーナーさんも多い事と思います。

 

買い替えに関して悩みの種がこれまで乗ってきた愛車の処分でしょう。
まだまだ車検もつき、現役で活躍出来る自動車なら買い替えの時に下取りに出すのが一般的です。

 

 

しかし、ここが思案のしどころです。
下取りとはいわゆるディーラーにこれまでの愛車を買い取りしてもらい
その買い取り価格分だけ新車購入の金額を引き下げしてもらう方法です。

これは日本の自動車市場において普通に行われてきた取引でした。
オーナーにとってみても古い車を引き取ってもらえる上に、
更に購入金額から査定金額分差し引いてもらえるので利用しない手はありません。

 

 

しかし、最近テレビコマーシャルなどで中古車買取業者の事を目にする機会も増えいるので、
一度はガリバーやカーセブンなどの業者の名前を目にしたり耳にしたりした事があると思います。

 

そうです!今ではこうした業者の台頭によって車を買い替える時には
ディーラーに買い取ってもらう従来の下取りと、こうした中古車買取業者に買い取ってもらう方法があるのです。

 

 

最近では「車下取り」にはこの両者の意味が含まれています。
一般的にはディーラーに下取りに出すよりも中古車買取業者に下取りに出す方がより高い値段で買い取ってくれる傾向があります。

 

どうせならよりこれまでお世話になった愛車ですから、
より高く査定してくれるところに引き取ってもらいたいのがオーナー心理というものでしょう。
この先、このサイトでは下取りと買い取りの違いを中心に出来るだけ賢く買い替えが出来る方法を説明しています。

 

 

 

 

>> 愛車を20万円以上高く下取りする秘訣 <<