車 下取り

車の下取りとは

自動車を新しく買い替えたい時に「下取り」という言葉をよく耳にします。

 

自動車に限らず下取りとは、
それまで使っていたものを新しく購入する品物の販売店に買い取ってもらい、
買い取り金額分だけ新しい品物の購入金額を減額してもらう取引方法の事です。

 

 

車の下取りは自動車販売の世界では昔から行われていたポピュラーな取引方法でした。
今でも多くの自動車販売店(ディーラー)では下取りを積極的に行っています。
廃車寸前の自動車以外の場合、それまでの自動車の査定を行い、その金額を提示してオーナーが同意してくれれば、
その金額分自動車の販売価格を下げるというもので、直接現金のやり取りが行われる事はありません。

 

 

新車の場合はディラーが値引くというのも日本では昔から慣例として行われてきました。
ユーザーにとってみれば自動車下取りを行う事で値引きされる事に加え、更にそれまでの自動車を引き取ってくれる上に、購入金額も値引き額に上乗せさえれる形で、下取り価格分安く購入出来るので願ったりかなったりですよね。

 

ですから今までユーザーはディラーが提示する自動車の下取りという取引方法に疑問を持つ事は少なかった様です。

 

 

しかし、ここ数年中古車買取業者が増えてきた事によって、それまでの自動車下取りの事情に変化が生じているのです。
どういう事かと言えば、ディーラーに下取りとして出すよりも、
中古車買い取り業者に売却した方がより高値で引き取ってくれるケースが多くなったのです。
場合によっては下取り価格と買取価格の間には20万円以上の差がつく場合もあります。

 

こうした変化を背景に、最近では自動車の下取りとはディラーに下取りとして出す場合と、
中古車買取業者に売却する場合とを含めたものとする考え方が一般的になっているのです。

 

 

 

 

>> 愛車を20万円以上高く下取りする秘訣 <<