車 下取り 売却

車下取りのコツ:売却と下取りの違い

最近の自動車の下取りと言えばこれまでの様にディーラーに下取りとして出す場合と
業者に売却する場合の両方をさすようになりましたが、厳密に言えば下取りと売却とは違うものです。

 

これまでにも説明してきた事ではありますが、
ここで改めてもう少しつっこんだ説明をしていきたいと思います。

 

 

自動車の下取りと言えば、ディーラーにこれまで乗ってきた自動車を
買い取ってもらうサービスだと言う事はこれまでの説明でも理解していただいていると思います。
そして引き渡しの際の手続きも大体はディーラーで代行してくれるので、
オーナーは必要書類にサインや捺印をして同意をすればそれで済みます。

 

ところが売却の場合、業者によってはディーラーに下取りとして出す場合と
同様の手続きを代行してくれるケースが殆どですが、小さな業者や個人間での売買、
あるいはネットオークションなどに出品する場合には手続き面で面倒な事が起こりかねないので注意しましょう。

 

 

特にネットオークションと個人間での売買の場合には注意が必要です。

車,下取り,売却

所有権の譲渡に関する手続きは購入した側が行う事が義務づけられていますが、

車検の証明書や自賠責保険に関する書類、
その他自動車を購入した際に渡された書類一式が揃っていないと
所有権の移転手続きでもめる事が多く、
正式に所有権の移転が済んでいない場合には自動車税を払い続けたり、
自賠責保険の名義を譲渡し忘れていた場合などは、
購入者が事故を起こした場合の損害賠償を自分が負担する事にもなりかねないので、出来れば個人間の売買を避け、きちんとした中古車買取業者に依頼した方が細かい点でも安心出来ます。

 

 

自動車を手放す時には購入した時の書類と車検の証明書、自動車税の納付通知、
自賠責保険の書類一式を手元に揃える様にしておきましょう。

この点は下取りも売却も同様です。
そして万が一紛失等をしていた場合にも業者ならいかんともし難い場合を除けばどうすれば良いか相談に乗ってくれます。

 

 

 

>> 車下取りよりも買取で高く売却する方法 <<